2010年02月14日

資格ないのに交通事故示談交渉 弁護士法違反容疑で行政書士逮捕(産経新聞)

 弁護士の資格がないのに交通事故の示談交渉などの法律事務を行ったとして、埼玉県警は10日、弁護士法違反の疑いで、熊谷市の行政書士の男(46)を逮捕した。

 捜査関係者によると、男は平成19〜20年ごろ、交通事故の被害者である埼玉と群馬の両県の各男性に対し、弁護士の資格がないにもかかわらず、交通事故の示談金の交渉などの法律事務を行い、示談金の約2割にあたる約300万円を受け取った疑いが持たれている。

【関連記事】
無資格で過払い金訴訟を提起し報酬 容疑の行政書士を逮捕 警視庁 
探偵会社役員を逮捕 無資格で弁護士活動
「弁護士バー」計画に弁護士会が注意文書
「弁護士バー」身内が待った 「民間との仲介業は法に抵触」
NPO法人が非弁活動疑い 青森県弁護士会が警告書

<脱税>容疑の社長ら逮捕…名古屋地検(毎日新聞)
ホンダ、全世界で44万台追加リコール=国内4000台、エアバッグ不具合で(時事通信)
ミリタリー・バランス タリバン勢力拡大 30→160(産経新聞)
【十字路】テッポウウオ、ハートの標的を狙い撃ち(産経新聞)
石川議員、辞職しない意向「頑張り続ける」(読売新聞)
posted by カゲヤマ ノブアキ at 17:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。