2010年02月04日

銭湯不正配管 下水料逃れ 浜松市5億7000万円を請求(毎日新聞)

 スーパー銭湯「極楽湯」のフランチャイズ店が、不正な配管工事をして下水道料金を免れていたとして、浜松市は1日、運営会社の「長野興産」(静岡市駿河区)に計約5億7000万円を支払うよう求めたと発表した。同社は毎日新聞の取材に「信頼を裏切り、申し訳ない」と不正があったことを認め、全額支払いに応じる考えを示した。

 浜松市上下水道部によると、下水道料金をごまかしていたのは同市内の「極楽湯浜松幸店」(09年11月閉店)と「極楽湯浜松佐鳴台店」。直近5年間の未払い金約1億9000万円と、市条例などに基づく倍額の約3億8000万円の過料を求めた。2店舗は敷地内の井戸水を使っており、くみ上げ量を基に下水道料金が算定される。幸店は01年4月、佐鳴台店は03年4月のいずれも開店時から、メーターを迂回(うかい)させる「バイパス管」を設置し、くみ上げ量をごまかして下水道料金を免れていた。また、佐鳴台店は05年3月に井戸を1本追加したが、市に申告せずメーターも設置しなかったという。

 同社の説明では、09年10月中旬、不正を告発する匿名の電話があり、内部調査で不正配管を見つけ市に報告した。同社は「施工当時の担当者が退職しており、不正配管を行った業者や経緯は分からない」と話している。同社とフランチャイズ契約を結ぶ「極楽湯」(東京都千代田区)は「長野興産の報告を待ち、今後の契約を考えたい」としている。【小玉沙織】

【関連ニュース】
千客万来:札幌 光の湯 /北海道

<iPS細胞>米ベンチャーが作成特許…海外で初の取得(毎日新聞)
瀬戸内海のノリ、ピンチ=色落ち拡大、例年より早く−放水量増やし応急処置(時事通信)
橋下知事が「神戸空港は失策」(産経新聞)
<将棋>谷川、三浦が首位 追う郷田ら4人 A級順位戦(毎日新聞)
土佐弁で振り込め詐欺、都内で出身者狙う(読売新聞)
posted by カゲヤマ ノブアキ at 14:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<糖尿病移植治療>拒絶反応を抑制…マウスで成功(毎日新聞)

 膵臓(すいぞう)の膵島(すいとう)細胞を移植した後に起きる拒絶反応を抑えることに、福岡大と理化学研究所の共同チームがマウス実験で成功した。膵島細胞に多く含まれるたんぱく質「HMGB1」が移植先の免疫を活性化させてしまうことが拒絶反応の主な原因で、HMGB1の抗体を投与すればこれを抑えられることを突き止めた。

 膵島細胞は血糖値を下げるインスリンを分泌する働きがあり、膵島細胞の移植は、重度の糖尿病治療で有効。しかし、24時間以内に移植細胞の約6割が拒絶反応で破壊されるため、拒絶反応抑制が課題になっている。研究結果は、1日付の米医学誌「ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション」電子版に掲載された。

 福岡大医学部の安波洋一教授らは、膵島細胞の移植後、HMGB1が大量に放出される現象に着目。HMGB1の血中濃度が上がると、免疫作用を持つインターフェロン・ガンマも増加する一方、HMGB1抗体を投与すれば、破壊される細胞は約15%にとどまることが分かった。移植効率は約4倍に改善したという。【阿部周一】

【関連ニュース】
糖尿病:中年の3人に1人誤解「肥満でないからならない」
糖尿病患者:生活習慣改善で脳卒中が減少 厚労省調査
糖尿病講座:(20)運動療法の進め方
糖尿病講座:(21)経口血糖降下薬治療
糖尿病

介護職員は「当たり前の感覚を持って」(医療介護CBニュース)
「仕事評価されず恨み」=勤務先データ2万件削除−元社員逮捕・警視庁(時事通信)
警官発砲、遺族の請求退ける=「市民にも危害の可能性」−奈良地裁(時事通信)
パトカーが軽自動車と衝突=20代夫婦が軽傷−群馬(時事通信)
船田・元衆院議員が週刊新潮を提訴 不倫報道は「事実無根」(産経新聞)
posted by カゲヤマ ノブアキ at 03:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。